rapanse’s diary

ポストモダンの視点で絵画を楽しみ、沖縄のシマ社会と芸能を楽しむ

ブリューゲル・子どもの遊び:洗礼の行列と目隠し鬼

《子どもの遊び》の左下に描かれているのは、洗礼の行列と目隠し鬼だ。

下の四人は、洗礼の行列遊び。生まれたての赤ん坊に洗礼を受けさせるのだ。先頭は産婆で次に母親、あとの二人は子どもの名付け親。

赤ん坊にはヴェールがかぶせられている。ヴェールは悪魔から身を守る。行列の四人はずだ袋やスカートをヴェールにしてかぶっている。

名付け親である三人目は、両手に贈り物をもっている。これは人間を助ける自然の善霊への贈り物だ。

f:id:rapanse:20180112223632j:plain

ピーテル・ブリューゲル(父)《子どもの遊び》(細部)1559-60年、美術史美術館(ウィーン)

上の遊びは目隠し鬼ごっこ。恐ろしい鬼の目の魔力に射抜かれないようにするために、鬼に目隠しをする。子どもたちは鬼が近づくと「火だ、火だ」とはやしたてる。魔女を火あぶりにした時にも、目に射抜かれないために、魔女に目隠しをしたからだ。

目隠し鬼は冬を追い払う象徴的な儀式でもある。鬼は冬の化身で、夏の日で冬の目を射抜くのだ。(カシュ・ヤーノシュ編『ブリューゲル・さかさまの世界』より)

ヨーロッパでは16世紀後半から17世紀にかけて魔女狩りのピークを迎える。ブリューゲルが《子どもの遊び》を描いた頃は、魔女狩りのピークの時期にあたる。そのような時代背景が、子どもの遊びにも反映していたのかもしれない。