読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rapanse’s diary

ポストモダンの視点で絵画を楽しみ、沖縄のシマ社会と芸能を楽しむ

ムトゥ(神話的本家)を築いた女按司の歌――《あだんやーぬあず(多良間島)》

多良間島に《あだんやーぬあず》というアヤグがある。アヤグというのは宮古諸島の歌謡形態をいう言葉で、神歌を除いた歌のことをいう。アヤグには英雄賛歌や生活労働歌、クイチャーなどの叙事的歌謡、トーガニアーグやシュンカニなどの抒情的歌謡も含まれる。

はじめてこの歌を聞いたときには興味が惹かれた。女性を領主/酋長と呼ぶ歌は聞いたことがなかったからである。

多良間島は、宮古島石垣島の中間あたりに位置する島だ。北は奄美諸島から西は与那国島にいたるまでの琉球弧で、女性を按司(あじ/あんじ)と呼んだ歌は、現在のぼくの知識の範囲では、この歌ぐらいだろうと思う。

 按司は沖縄の古代共同体の首長の呼称だ。それを領主/酋長としたのは、按司が村落共同体の首長クラスから複数の村落を支配する地域的豪族までを含む言葉だからだ。按司が村落共同体の首長クラスである場合は、酋長の方がイメージしやすい。按司複数の村落を支配する地域的豪族だとすると領主というイメージになる。

《あだんやーぬあず》は二部構成になっている。

その(1)では、ボウという名の女按司が、村落の創設伝承に由緒のある聖地を切り開き、神話的な本家を建設するというものである。

その(2)では、女按司であるボウが屋内を踏みしめることで、その家を本家とする人たちの①長寿、②子孫繁盛が予祝され、③男の子には渚の白砂が米に変じることが予祝され、④女の子には沖合のリーフに砕ける波が宮古上布に変じることが予祝される。

歌詞は外間守善・新里幸昭編『南島歌謡大成Ⅲ宮古篇』(1978年、角川書店)に基づいている。訳は筆者による現代口語訳である。

歌はNHKの『ちゅらうたWEB 沖縄音楽大全データベース』で聞くことができる。1984年の録音で、その(1)の全部が歌われている。

歌には「めーぎぶす うぷやーよ」という囃子が付いているが、訳では囃子の部分は省略している。
http://www.nhk.or.jp/churauta/database/data/688.html

あだんやーぬあず(多良間島


その(1)
1.  アダンヤー〔屋号〕の按司は、スタタン〔屋号〕のボウ〔人名〕は、
2.  女按司だったので、妻である按司だったので、
3.  夫のいない間に、主人の留守の期間に、
4.  山鉈(なた)を持って、大鉈を持って、
5.  北の山に出かけて、クサティ山〔鎮守の森〕に出かけて、
6.  アダンの山を刈り開き、サルカケミカンの〔鋭い刺のある〕山を切り開き、
7.  八尋〔の土地を〕浄め開き、十尋〔の土地を〕浄め開き、
8.  八尋の土地のなかに、十尋の土地のなかに、
9.  屋敷の型を造り、土台を盛り上げ、
10. 大石を礎石にし、小石を軒石にし、
11. 番匠金(ばんじょうがね)で測って桁を置き、曲尺(かねじゃく)で柱を仕立てて、
12. 鷲の羽を屋根茅(かや)にし、その骨で屋根押さえにし、
13. 青糸〔茅縄〕を葺き縄にし、真苧(まぶ)糸を締め縄にし、
14. 黄金〔編み竹〕を覆いにし、銀〔串〕を串刺しにして、
15. 青苔が生えるまで、黒苔が生えるまで、
16. 動かないこの〔村落創設の〕ムトゥ(本家)、揺るがない〔聖域に接する〕上のムトゥ

その(2)
1.  この屋敷の内には、この土台の内には、
2.  私が踏みしめてみたら、よく踏みしめてみたら、
3.  片隅の一角には、内側の隅には、
4.  命の栄えがある、長寿の栄えがある、
5.  このように思うのだ。そのように思うのだ。
6.  また踏みしめてみたら、よく踏みしめてみたら、
7.  片隅の一角には、内側の隅には、
8.  夕顔の木のその実のように、這う木のその実のように、
9.  おめでたの縁起がある、〔子どもを〕抱く縁起の良さがある、
10. このように思うのだ。そのように思うのだ。
11. また踏みしめてみたら、よく踏みしめてみたら、
12. 片隅の一角には、内側の隅には、
13. よね(米)が盛られている、米が盛られている、
14. 〔この家の〕男の子の持ち分は、侍の子の持ち分は、
15. 北の海の砂が、渚の白砂が、
16. よねになったら、ほんとうに、米になったら、ほんとうに、
17. 動くことなく上納しよう、揺らぐことなく貢納しよう、
18. このように思うのだ。そのように思うのだ。
19. 〔この家の〕女の子の持ち分は、姉妹の持ち分は、
20. 干瀬〔リーフ〕に砕ける波が、沖で砕ける白い波が、
21. 白い反物になれば、上布になれば、
22. 動くことなく上納しよう、揺らぐことなく貢納しよう、
23. このように思うのだ。そのように思うのだ。

(『村誌たらま島』)


その(1)、1番目の歌詞に出てくるアダンヤーは、按司を形容する言葉だから、屋号というよりは村落名を表わすのではないかという気がする。

3番目では、「夫のいない間に、主人の留守の期間に」と夫の不在が強調されている。なぜ夫の不在が歌われたのだろうか。それは「人間」の夫の不在を強調する必要があったからだ。なぜ「人間」の夫かというと、「人間」の夫は「神」ではないからである。

沖縄の原初的なシマ社会では、女性は「人間」の妻である前に「神」の妻だった。祖霊神を迎えるために聖域に忌み籠るとき、女性は「人間」の妻から「神」の妻へと変換されるのだ。

だから女按司の夫の不在が強調されなければならなかった。夫の不在は、女按司が「神」の妻となっていることを暗示しているのだ。

按司は神話的息吹を建物に与え、人々に様々な幸福を予祝する。それは西洋風にいうならば、よい魔女による魔法の贈り物であるともいえる。西洋風な魔女と異なるのは、個人に与えられる個人的な贈り物ではなく、共同体全体に贈られる贈り物であるということである。

しかし人間の夫がそばにいると、そのような魔法=予祝による贈与の約束は、成就しなくなるおそれがある。そのため夫は不在である必要があるのだ。

その(1)、5番目の歌詞に出てくるクサティ山のクサティは、『沖縄大百科事典』によると、「信頼し、寄り添い身をまかす」ことを意味することばである。家や村は寒い北風を防ぐ丘や山をクサティにして南面する立地が良いとされ、その丘や山を「クサティ森(ムイ)」という。

村落に来訪する祖霊神はクサティムイに来臨し、クサティムイは村落の御嶽(うたき)となる。そしてクサティムイと村落が接する位置に、村落の創始者の家筋とされる、村落祭祀の中心となる家がある。宮古地域においては、村落の創設伝承に由緒のある聖地(もしくは聖地中の建物)をムトゥと呼んでいるということである。

按司は聖域であるクサティムイを切り開き、そこにムトゥという建物を創設する。

建物の建築に番匠(大工)の曲尺が用いられるのは、村人の共同作業による建築ではなく、専門職としての大工が建築した家屋であることを意味している。つまり、ムトゥが特別な家屋であることを強調しているのである。

村人が共同作業で建築する家屋は穴屋(アナヤー)と呼ばれ、丸太で小屋組みするものだった。大工が建築する家屋は貫木屋(ヌチジヤー)と呼ばれ、柱に貫孔(ぬきあな)をあけ、貫を通して楔(くさび)で締める構造の建物だった。

特別な建物であるムトゥは、鷲の羽を茅にして葺かれるなどの美しい比喩表現で歌われる。これらの比喩表現は、建物の神話的価値を示すものであった。そして、茅が苔むす長い時間が経過するまで、ムトゥは聖地から動くことはなく、聖地の上で揺らぐことはなかったのである。

その(2)、14~17番目の歌詞では稲作の豊作が予祝される。ところが、多良間島は隆起サンゴ礁の島であり、高い山や川はない。そのため稲作には適せず、約35キロメートル離れた石垣島の東北部、平久保半島の先端近くに「多良間田(たらまだー)」と呼ばれる田んぼをつくり、稲作をおこなっていたという歴史が残されている。この稲作豊穣予祝は、多良間島の生態系に対する矛盾を抱え込んだものだといえる。

16番目の歌詞で「ほんとうに」と訳したところは、文献の表記では「イラ」となっている。『宮古方言音声データベース』では「イラ ira」は「くらげ。肌に触れると腫れ上がって痛い」という意味になっている。八重山諸島の抒情歌謡のトゥバラーマでは、切ない思いを表わす感嘆詞として「イラ」が用いられている。そこから類推すると、「イラ」という言葉は、「心がちぎれるほどの切実な思い」を表わす言葉なのかもしれない。

その(2)、19~22番目の歌詞も、切実なものがある。宮古上布は苧麻(ちょま)を原料とする麻織物で、熟練した人で一日20~30センチくらいしか織れず、一反織るのに2ヶ月以上かかる上布の最高級品とされるものである。リーフに砕ける波が反物になればというのは、切実な夢物語であり、願いであるといえる。

石垣島平久保半島までの35キロメートルもの航海をものともせずに稲作農耕を続けるのは、悲惨でもあるとともに英雄的な行為であるともいえる。熟練した人でも一日20~30センチくらいしか織れないという宮古上布の機織を続けるのも同様である。

このような営みは、美しい比喩をもって予祝される。「北の海の砂が、渚の白砂が、よね(米)になったら、米になったら」「干瀬〔リーフ〕に砕ける波が、沖で砕ける白い波が、白い反物になれば、上布になれば」と。

アダンヤーの女按司は神話的なムトゥを建設するのだから、村落(=世界)の創設神話にかかわる存在だといえる。このような神話的な存在の願いによって、人間世界の悲惨さは、地上的な苦悩を超えた美しい風景へと変換されるのだといえる。