rapanse’s diary

ポストモダンの視点で絵画を楽しみ、沖縄のシマ社会と芸能を楽しむ

噛む、噛まない

アメリカ合衆国文化人類学・精神医学などの研究者グレゴリー・ベイトソン(1904 - 1980)は、赤ん坊や夢の中、動物などの前言語的レベル(言語を獲得する前の段階。人間における潜在意識ともいう)のコミュニケーションでは、否定のnotをストレートに使うことはできないと指摘する。

そのような前言語的レベルでは「噛まない」ということを表現することはむつかしい。噛む意思がないことを伝えるためには、まず「噛む」ことが必要とされる。噛んでみることによってはじめて、噛む意思がないことを相手に伝えることができるのである。

これはとても重要な指摘だとおもわれる。たとえば子どもの取っ組み合いのケンカでは、ケンカした子どもたちがそのまま敵対的関係に入ることは少ない。多くの場合、翌日にはけろっとしていっしょに遊ぶことになるのである。適度な取っ組み合いを経験することによって、子どもは信頼できるキッズ・グループを形成するのだといえる。

もし大人が取っ組み合いのケンカを途中で止めさせたら、子どもたちは前言語的レベルで得られる信頼関係を失うことになる。前言語的レベルでの信頼関係を経験することがなければ、他者は潜在的な恐怖の対象になるだろう。言語的レベルでのコミュニケーションでは、潜在的な恐怖感を払拭するのはむつかしいといえるからだ。

沖縄各地で行なわれる民俗行事としての綱引きでも、「噛む、噛まない」というコミュニケーションをみることができる。綱引きの前には「ガーエー」というもみ合いが行なわれる。

うるま市勝連平敷屋(かつれんへしきや)では、綱引きの前に東西の男性たちによるラグビースクラムのような押し合いがあり、女性陣は歌で相手方の悪口を言い合う勝負をする。

南風原町喜屋武(きゃん)では、綱引きの前に東西の男性たちのケンカがあり、激昂して殺傷沙汰になる寸前に仲裁が入って、両者を東西に分ける。

八重瀬町安里(あさと)では、思春期前期の男の子たちによるガーエーが行なわれ、大人たちが見守る中で、子どもたちはへとへとになるまでぶつかり合いをさせられる。
そしてどの地域でも、綱引きが終わった後に、敵対して感情を高ぶらせていた両陣営は、一体化して互いに抱擁し合うのである。

抱擁を目的として、儀礼的に敵対行動を採らせるコミュニケーションのあり方を、ベイトソンは主著『精神の生態学(1972)』の「本能とは何か(1969)」で、次のように説明する。なおこの論文は、ベイトソンベイトソンの娘(小学校二、三年生という設定)との対話という形式を採っており、Dが娘(daughter)で、Fが父親(father)を表示する。

D 動物の行動にnotはあるの?
F notが?動物の行動に?どうやって。
D つまりね、I will not bite you〔噛まない〕ということを、しぐさで伝えることはできるの?
F まずだね、しぐさや身振りによるコミュニケーションには、時制がない。”will not ”とは、言えないよ。
D じゃあ夢と同じね。夢にも時制がないんだから。
F そういうことになるかな。
D でも、notのところはどう?I am not biting youとは言えるの?
F それにもまだ時制があるが、まあいい。噛まないことを、どうやってしぐさで伝えるか。それは、噛まないんだ。「噛まないことをする」のさ。
D でも、他にだって、していないことはたくさんあるでしょう?寝ることも、食べることも、走ることもしてないかもしれないじゃない。「噛むことはしない」と言うときにはどうするの?
F なにかしらの方法で、「噛む」ということを話題に持ち出さなくてはならない。
D はじめに牙をむくしぐさをして、それで噛まないとか?
F そういうことだね。
D でもそれだと二匹の動物が、お互いに「噛まない」って言い合うときは、両方が牙をむくことになるでしょう?
F そうだね。
D だったら、誤解して、ほんとのケンカになってしまわない?
F そういうこともあるだろうね。自分の動作に対立観念が現われているのに、当の本人が自分のやっていることを認識していないんだったら、そういう危険がいつもついてまわる。
D 牙をむいた動物は、それが「噛まない」ということを相手に伝えるためだって、自分でわかるんじゃないかしら……
F それは疑わしいな。ともかく、相手がどういうつもりでいるかということは、わかりようがない。夢だって、今見ている夢がどういうふうに流れていくのか知ることはできないよ。
D 一種の実験ね。とにかくやってみるの。
F ああ。
D ケンカが必要かどうかを知るために、ケンカするの。
F ただし、それを知ることが目的でケンカするわけではない。ケンカのなかに、というか、ケンカのあとに、自分たちのあるべき関係が現われる、ということかな。そこに「ねらい」はないよ。(佐藤良明訳)

 前言語的レベルのコミュニケーションでは「will not(~する気はない)」を表現することはできない。噛まないことを伝えるためには、まず噛んでみて、そのことによって噛む気がないことを伝えなければならない。

ベイトソンのロジックが微妙なものであり、微妙であることによって深いのは、「ケンカのあとに、自分たちのあるべき関係が現われる」という表現にある。実際に犬に軽く噛まれたことのない人間には、むき出した犬の牙に手を添える勇気は出ない。その不安感が、その人間を獲物に、その犬を猛獣という関係性に変えてしまう。

「ねらい」というのは、意図とか計画されたものを意味する。「噛む、噛まない」という関係性は、噛むことによってしか伝えられない。ところが、「自分たちのあるべき関係」が噛む関係性なのか噛まない関係性なのかは、噛む瞬間に初めて「現われる」ことになるのである。

親子であれ友人間であれ、噛むことを避ける関係性は、噛むことによって「自分たちのあるべき関係が現われる」のを恐れているのかもしれない。言語的レベルでは愛を装うこともできるが、それは前言語的レベルでの「噛む、噛まない」という関係を避けることによって保たれている関係性だともいえるのである。

f:id:rapanse:20150905093201j:plain

写真は晩年のグレゴリー・ベイトソン