読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rapanse’s diary

ポストモダンの視点で絵画を楽しみ、沖縄のシマ社会と芸能を楽しむ

守姉の歌――《あがいざとぅ んなか(池間島)》

伊豆諸島や沖縄、宮古八重山には守姉(もりあね)という子守りの形態があった。守姉というのは、賃労働としての子守りではなく、頼まれて他家の子守りをするというものであった。守姉をするのは、だいたい小学生くらいの女の子で、守りされる子どもは生後一カ月くらいから三歳くらいまでであった。

守子にとっての守姉は、「特別な人」あるいは「霊的な守護者」であり、その関係は生涯にわたって続くものであった。その関係性は、沖縄では兄弟姉妹同然とされ、宮古八重山では兄弟姉妹以上に親密な関係性をもつものとされた。

守姉という子守りの形態は、「祖国復帰(1972年)」までは普通に見られるものであったが――現在でも多良間島などに残されているようであるが――、「祖国復帰」を境にして、社会の表面から急速に姿を消していった。(具志堅邦子「守姉という存在」沖縄国際大学大学院地域文化論叢第15号より)

《東里真中(あがいざとぅんなか)》は宮古各地で歌われる歌で、守姉の歌う子守り歌であった。八重山各地で歌われる《あがろーざ》も、同工異曲の歌だといえる。どの歌でも、蜜柑の木の下での子守りの情景が歌われているが、池間島の歌では、蜜柑の木の下での子守りが偶然によるものではなく、神話的内容を含むものであることを暗示する。

東の里というのが具体的な地名を意味しているのかは不明である。日の昇る方向くらいの意味でとらえてもよいのではないだろうか。八尋というのは、非常に長いこと、非常に広いことを意味する言葉だ。だから歌でうたわれる十尋の庭、八尋の庭というのはとても広い庭という意味になる。

蜜柑はシークヮーサー(橘)のことだとおもわれる。シークヮーサーは、まだ青くて酸味が強い時、芭蕉布をさらすのに用い、芭蕉布の色つやをよくするとされている。

大きな広場に植えられた蜜柑の木は、手入れによって、天に届くまでに成長する。そして蜜柑の木の下には、アサギ家(ヤー)が建てられる。アサギは、アシャゲ、メーヌヤー(前の屋)ともいわれ、離れ座敷の意味。アサギには神事に用いられる神アシャギもあり、神事を行なうアシビナー(遊び庭)に建てられる。この歌では、アサギの下に機織り機が据えられるのだから、アサギは通常の離れ座敷というよりも、高倉の構造をしていた可能性がある。

二十読み(ハタイン)というのは、絹糸のような極細上布のこと。これを織れる女性は少なく、二十読みの上布を織れることは、女性にとっての最高の名誉であったとされる。

これらのことを考えると、蜜柑の木の下で子守りするということは、二十読みの上布を織れるという女性にとっての最高の名誉を予祝されることにつながり、また神事を司る神女になるというライフステージも含まれているものとおもわれる。
次の音源は、2010年の本村キミさんによる歌唱です。

http://www.nhk.or.jp/churauta/database/data/149.html

 


あがいざとぅ んなか(池間島

東の里の真ん中に、トノグシク(東里の対句)の真中に、
十尋の庭を空けて、八尋の庭を空けて、
十尋庭の真中に、八尋庭の真中に、
蜜柑の木を植えて、香ばしい木を差して、
植えてから三月、差してからの一年後、
〔神女たちが〕巡回して見ると、跳ねながら巡回して見ると、
この蜜柑を植えたのは、この香ばしい木を植えたのは、
木の股が増えるから植えたのだ、枝が茂るから植えたのだ。
股を切ってワシワシと伸ばし、枝を折ってワシワシと伸ばし、
天に届くまで伸びて、天上に着くまで伸びて、
蜜柑の木の下に、香ばしい木の下に、
アサギ家を葺いて、涼しい家を葺いて、
アサギ家の下に、涼しい家の下に、
二十読みの機織り機を立てて、細上布の機を立てて、
二十読みの上布を眺めていたら、細上布を眺めていたら、
守姉たちが集まってきて、黄金のような子どもたちが集まってきて言うことには、
役人の子の守姉は、士族の子の守姉は、
片手には米の握り飯、片手には蛸の手、
平民の子の守姉は、下男の子の守姉は、
片手には黍のご飯、片手には生味噌、
役人の子が泣くときには、士族の子が泣くときには、
蜜柑をもいでなだめる、香ばしい実をもいでなだめる、
平民の子が泣くときには、下男の子が泣くときには、
鞭を取って脅したら、棒を取って脅したら、
あんまり悲しがって、とても悲しがっているので、
泣かないで私の弟よ、泣かないで黄金のような弟よ、
私が子守りするから私の弟よ、姉が揺するから黄金のような弟よ、
大きくなったときには、背が高くなったときには、
沖縄に行くほどの人になりなさい、首里に上るほどの人になりなさい。
沖縄に行ったら弟よ、首里に上ったら黄金の弟よ、
革草履を百十足買ってきて、下駄を八十足買ってきて。
革草履百十足の中から、下駄八十足の中から、
私に選ばせて、姉に選ばせて。
私の家は弟よ、姉の家は黄金の弟よ、
倒れかけた家だから、傾きかけた家だから、
二間の家を葺いてちょうだい、四間の家を葺いてちょうだい。
役人になるなら弟よ、士族になるなら黄金の弟よ、
シマを支配する役人になってちょうだい、姉のシマの主になってちょうだい。
庁舎を造るなら弟よ、官邸に住むなら黄金の弟よ、
私の家を庁舎にしてちょうだい、姉の家を官邸にしてちょうだい。

(『南島歌謡大成Ⅲ 宮古編』より、具志堅要による意訳)