読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rapanse’s diary

ポストモダンの視点で絵画を楽しみ、沖縄のシマ社会と芸能を楽しむ

ゴヤ――戦争の惨禍

フランス革命(1789年)から3年後、1792年から1802年まで、革命後のフランスと、反革命を標榜する対仏大同盟(イギリスおよびオーストリアを中心としたヨーロッパ列強)との間で「フランス革命戦争」と呼ばれる一連の戦争が起こる。 当初は革命への外国の干…

日常の中の永遠

フェルメール作《ミルクを注ぐ女中》(1658年、オランダ)この作品で不思議なのは、日常生活が永遠の時間として描かれていることだ。女中は無心にミルクを注いでいる。それは静止した画面なのに、彼女は永遠にミルクを注ぎ続けているような感じを覚えさせる…