読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rapanse’s diary

ポストモダンの視点で絵画を楽しみ、沖縄のシマ社会と芸能を楽しむ

去勢されない父親は、子どもを食いちぎる。

1819年、ゴヤはマドリード郊外に「聾者の家」と通称される別荘を購入した。 1820年から1823年にかけての4年間、ゴヤはほとんど外出することなくこの別荘に籠っていた。そして、この家のサロンや食堂を飾るために14枚の壁画が描かれた。黒をモチーフとした暗…