rapanse’s diary

ポストモダンの視点で絵画を楽しみ、沖縄のシマ社会と芸能を楽しむ

ブリューゲル・子どもの遊び:洗礼の行列と目隠し鬼

《子どもの遊び》の左下に描かれているのは、洗礼の行列と目隠し鬼だ。

下の四人は、洗礼の行列遊び。生まれたての赤ん坊に洗礼を受けさせるのだ。先頭は産婆で次に母親、あとの二人は子どもの名付け親。

赤ん坊にはヴェールがかぶせられている。ヴェールは悪魔から身を守る。行列の四人はずだ袋やスカートをヴェールにしてかぶっている。

名付け親である三人目は、両手に贈り物をもっている。これは人間を助ける自然の善霊への贈り物だ。

f:id:rapanse:20180112223632j:plain

ピーテル・ブリューゲル(父)《子どもの遊び》(細部)1559-60年、美術史美術館(ウィーン)

上の遊びは目隠し鬼ごっこ。恐ろしい鬼の目の魔力に射抜かれないようにするために、鬼に目隠しをする。子どもたちは鬼が近づくと「火だ、火だ」とはやしたてる。魔女を火あぶりにした時にも、目に射抜かれないために、魔女に目隠しをしたからだ。

目隠し鬼は冬を追い払う象徴的な儀式でもある。鬼は冬の化身で、夏の日で冬の目を射抜くのだ。(カシュ・ヤーノシュ編『ブリューゲル・さかさまの世界』より)

ヨーロッパでは16世紀後半から17世紀にかけて魔女狩りのピークを迎える。ブリューゲルが《子どもの遊び》を描いた頃は、魔女狩りのピークの時期にあたる。そのような時代背景が、子どもの遊びにも反映していたのかもしれない。

ブリューゲル・子どもの遊び:婚礼の行列

カシュ・ヤーノシュ編(早稲田みか訳)『ブリューゲル・さかさまの世界』(1988年、大月書店)という本を図書館から借りてきた。

ハンガリーの編集者たちがハンガリーの子どもたちのために造った本のようだ。ブリューゲルの《子どもの遊び》《ネーデルランドのことわざ》《バベルの塔》の細部がていねいに説明されている。

この三つの絵は百科事典のような絵で、多くの細部から成り立っている。細部のそれぞれが独立した作品で、それが有機的につながって一つの作品世界を創り出しているのだ。

その作品世界には、手引きがないとなかなか入れない。この本に手引きしてもらって、ブリューゲルの描きだした世界を読んでいこう。

全文引用すると少し長くなるので、書かれたことを自分なりに簡略にまとめている。

初めは《子どもの遊び》の中の「婚礼の行列」だ。

f:id:rapanse:20180111183527j:plain

ピーテル・ブリューゲル(父)作《子どもの遊び》1559-60年、美術史美術館(ウィーン)

この絵の中央に「婚礼の行列」が描かれている。

f:id:rapanse:20180111183812j:plain

婚礼の行列

冠をかぶった花嫁さんにみんなが教会まで付き添って行くところ。髪を肩まで垂らしているのは、まだ娘であるという印。横には二人の付き添いがつき、前には花を振りまく少女が、後ろにはお客さんたちが間をあけずに続く。隙間をあけると悪魔が入り込むとされ、一人の女性が手を広げて列を守っている。

この絵は婚礼の行列であるとともに、豊作を祈る五月の精霊降臨祭の行列でもある。五月の女王が選ばれ、天の花嫁として村の家々を訪れる。

ハンガリーでは、少女たちが「赤、白、黄色、神の御子に花をふりかけよ」と唱えながら、バラの花をふりまき、二人の付き添いが「麦も麻も、こんなに大きくなあれ」と女王様を高々と持ち上げるということだ。

子どもたちは、春を祝うために村を訪れる、神々の一行だったのだ。